科学者たちは、月が地球の自転を安定化させる効果を持っていたとすでに疑っている。今、新しい研究は、月の磁場が – それが1つを持っていた場合 – 若い太陽の放射線によって剥奪されてから地球の大気をシールドしている可能性があることを示唆している。

ジョン・タルドゥーノ氏(ロチェスター大学)とその同僚たちによるこれまでの研究では、若い太陽は獰猛で、現在よりもはるかに高いレベルの高エネルギーの放射線を放出していたことが明らかになっており、それによって地球の大気の一部が除去されていただろう。それは、若い地球は単により多くの水の在庫を持っていた可能性があります、タルドゥーノのチームは提案したので、それはいくつかを失う余裕がありました。

しかし、ジェームズ・グリーン(NASA)らは、10月14日付のScience Advancesで、代替案を提案している。おそらく地球は、少しの助けを持っていた。若い惑星の地球磁場は、それを遮蔽するのに十分に強くなかったかもしれないが、地球と月の両方の複合磁場が仕事をしたかもしれない。

グリーンのチームは、アポロの月のサンプルの最近の再分析に基づいて彼らの概念をベースにしており、それは若い月が35億年から42億5000万年前の地球に匹敵する強さを持つ独自の磁場をホストしていたことを示唆した。

科学者たちは、月が地球の自転を安定化させる効果を持っていたとすでに疑っている。 今、新しい研究は、月の磁場が – それが1つを持っていた場合 – 若い太陽の放射線によって剥奪されてから地球の大気をシールドしている可能性があることを示唆している。

ジョン・タルドゥーノ(ロチェスター大学)と同僚による以前の研究では、若い太陽が高エネルギーの放射線を放出して猛烈であったことを示していたが、新しく形成された月は、現在の距離の約3分の1の距離で、より密接に地球を周回していた。 グリーン氏らは、単純な計算を用いて、2つの天体の磁場はこのように接続され、太陽放射からそれらの両方を保護しているだろうことを示している。