宇宙のポータルサイト UNIVERSE

最新宇宙ニュース

◆ ホーム >> 最新宇宙ニュース:2004年 >> ツキニ、イキマショウ!〜月探査シンポジウム開催される〜

会場の風景。朝早くにもかかわらず、座席がびっしりと埋まり、会場は多数の参加者の熱気に包まれた。

新年早々ブッシュ大統領が発表したアメリカの新宇宙政策の影響もあり、月探査への関心がこのところ急速に高まりつつあります。日本もこれから探査機「ルナーA」と「セレーネ」を打ち上げます。中国やインドも月探査を計画しています。ヨーロッパは昨年、「スマート1」という月探査機を打ち上げました。そう、いつの間にか月探査は、世界的な流れになってきているのです。

このような世界の流れの中で、日本の月探査を今後どのように捉えていくべきか、月面活動は人類にどんな可能性をもたらすのか…そのようなテーマを、科学や技術だけでなく、社会や文化の観点からも幅広く捉え、議論しようというシンポジウムが開催されました。今回の最新宇宙ニュースは、そのシンポジウムのレポートです。

1月23日、東京・大手町の経団連会館で開催されたシンポジウム「月で拓く新しい宇宙開発の可能性と日本」には、平日の寒い中にもかかわらず、500人近い方が参加しました。会場は席がなくなるのではないかと思われるほどの混雑で、改めて月探査への関心の高さを伺わせました。


講演するフォワンさん

間宮馨・JAXA副理事長の開会挨拶の後、五代富文・前IAF会長による基調講演「日本における月探査と将来展望」が行われました。日本人が昔から月への関心を持っていたことから、米ソの月探査競争、そして現在の事情まで、まさに月探査の歴史を一つ一つひもといていく、大変わかりやすい講演でした。 この後、第1部「世界の月探査と将来戦略」が始まりました。ここでは、世界の月探査について、計画を持っている、あるいは進めているアメリカ、ヨーロッパ、インド、中国から、関係者により直接その計画の内容を語ってもらうというものです。普段あまり聞く機会がない内容だけに、参加者も熱心にメモをとるなどして、それぞれの講演の内容に耳を傾けていました。アメリカからはNASA先端システム次長のマンキンス博士が、まさに先週発表されたばかりのアメリカの新宇宙政策についてのホットな話題を提供しました。ヨーロッパからはESAのスマート1プロジェクトマネージャでもあり、月探査を推進する団体「月探査協会」(Lunar Explorers Society)の代表でもあるフォワン(フォウイング)博士が講演しました。

このフォワンさんの講演、最初の一言めはなんと「ツキニ、イキマショウ」という日本語でした。会場からの大きな拍手と共に始まった講演は、ヨーロッパのスマート1計画から、ESAが進めている20〜30年スパンでの宇宙計画「オーロラ計画」にも及ぶ壮大なビジョンの紹介となりました。 続いてはインドのゴスワーミ博士による、インドの月探査「チャンドラヤーン1計画」の紹介でした。チャンドラヤーンとはサンスクリット語で「月」(チャンドラ)と「乗り物」(ヤーン)を合わせた言葉で、インドが2008年の打ち上げを目指している月探査計画です。月の科学的な重要性からていねいに解説した講演で、月探査についてインドが科学面から相当に研究を進めていることがよく分かりました。
残念ながら中国の方は事情により来られなかったため、講演資料の代読という形になりましたが、ホットで貴重な情報をたっぷりと得られたことで、このシンポジウムへの期待がさらに高まりました。


会場に展示されていた、ルナーA衛星とペネトレータの模型。

昼休みをはさんで午後は、今度は日本の月探査計画の紹介となりました。まず最初は、水谷仁・JAXA宇宙科学研究本部教授によるルナーA計画の紹介です。月の科学からルナーA計画全体に関する説明という内容で、「月の内部の探査」という地味なミッションがいかに月の科学にとって重要なことなのかが、会場の参加者に伝わっていたと思います。

続いてはセレーネ計画。プロジェクトマネージャでもある、同じくJAXA宇宙科学本部の滝澤悦貞氏の講演でした。セレーネ計画の概要、そして最新の状況が説明されました。会場に映し出されたセレーネの実機に、打ち上げが本当に近づいているのだという実感を確かにしました。

最後は、将来の月探査に関して、松本甲太郎・JAXA総合技術研究本部チーフマネージャの講演です。セレーネの先、軟着陸実験を目指して研究者や技術者の中で検討が進むセレーネB計画や、さらにその先の月探査に向けた基礎的な技術開発などが紹介されました。

ここでコーヒーブレイク。会場の外では、実験用ローバやペネトレータなど、様々な展示もあり、休憩時間や昼休みなどには、参加者が足を止めて、説明員に質問をする姿などがみられました。

さて、第3部のパネルディスカッションに入ってきました。テーマは「今なぜ再び月を目指すのか−日本の選択は?」という、かなり力の入ったものでした。パネリストも、この力強いテーマにふさわしいメンバーが揃いました。井田茂・東京工業大学助教授、海部宣男・国立天文台長、川勝平太・国際日本文化研究センター教授、野本陽代・サイエンスライター(宇宙開発委員)、松本信二・CSPジャパン社長、吉田和男・京都大学大学院教授のパネリスト各氏の議論をまとめ上げるのは、この最新宇宙ニュースでもお馴染みの、的川泰宣・JAXA広報統括執行役です。


活発な議論が行われたパネルディスカッションの様子。

もうパネリストの名前一覧をみただけで、ホットな議論が起きそうなバラエティと活力が垣間見えます。その通り、早速まず各パネリストが自己紹介を兼ねた月探査への提言を行いました。科学、利用、文化、普及など様々な立場からの貴重かつ強力な提言が次々になされました。

全体的に議論の大きなポイントになったのは、「月を目指すという日本の国家戦略を立てるべき」というものでした。アメリカの新宇宙政策、あるいは中国の宇宙開発などの影響もあると思いますが、その中で日本独自の宇宙開発戦略をどう立てていくか、さらにはその中に月探査をどう位置付けるのか、この点については月探査の枠を超えて非常に活発な議論が行われました。
さらに、月探査の広報的な側面についても幅広い意見が出されました。もっとサイエンスの成果を還元すべき、女性にターゲットを絞って広報を行うべき…まさに、これからJAXAが、あるいは月探査を進めるコミュニティが考えていかなければいけないテーマでもあると思います。
話はさらに有人探査や国際協力など、多岐に及びました。私のとっていたメモをここで書いていると、おそらくこの数倍のページ数が必要になると思いますが、そのくらい濃密な2時間の議論がありました。その一つ一つが、きっとこれからの月探査に役立っていくことでしょう。
的川氏の「月を皮切りに、国民的な宇宙開発や宇宙科学への関心が一つのベクトルとしてまとまっていくようにしたい。そのためには、大学・産業界を含んだ質の高いメッセージを発信し、それを国民が支えていくムード作りが大切」という提言は、この先の月探査、さらには惑星探査に向けて非常に重要な示唆に富むものになったと思います。

月探査の世界的な気運の中で、日本がどう進んでいくべきか。そして日本独自の月探査のビジョンとはどのようなものであるべきか。これからなすべきことはたくさんありますが、世界のいろいろな月探査プロジェクトと競争しながら、あるいは協力しあいながら、ふたたび月へ戻る日が、少しずつ近づいているという実感を胸に、私も会場を後にしました。

いつか、みんなで一緒に「ツキニ、イキマショウ!」(2004/1/28)

宇宙航空研究開発機構 寺薗淳也

Copyright